ЦМОに貼ってあった近隣図

<2010年頃に書いた内容のため、現在はかなり状況が変わっていると思われます。>

今回は、モスクワ大学ロシア語学研修機関「ЦМО(ツモ)」(現 ИРЯиК)の廊下に貼ってあった近隣図をなんとなく紹介します。

以下の写真がそれで、中央上の方にあるオレンジ色のがЦМОの18番校舎、右の方のオレンジ色が24番校舎です。

それぞれ、何階(этаж エターシュ)に何があるのか簡単ながら書いてありますね。

24番の左上の矢印と、右上の赤囲み「No26」の文字は、路面電車の路線と停留所を表しています。

このЦМОの前の道路が「Новочерёмушкинская улица( ノーヴァチリョームシュキンスカヤ ウーリッツァ)」です。

また、写真左下にある赤丸の「M」が地下鉄駅のマークで、最寄りの「Профсоюзная(プラフサユーズナヤ)」駅です。
GoogleMapで表示

一見すると、ЦМОの校舎と地下鉄駅は近そうに見えますが、実際は24番が1.1Kmくらい、18番でも700mくらいあり、けっこう離れています。

それから、駅の右上近くに緑色で小さく「фото(フォート)」と書いてあるのは写真屋さん。

なんでこんなのがわざわざ地図に記されているかというと、学生証に貼る顔写真をここで撮ることがよくあるからです。(※)
(※ この写真店はもうありません)

聞いた話によると、学生証の顔写真には規定がいろいろあるらしく、日本の証明写真だとNGになることがよくあるとか。

 

上の写真だと24番の文字が小さいので、参考までにもう一枚貼っておきます。

今回はこんな感じでЦМО の近隣図についてでした。

コメント

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

TOP
目次
閉じる